web系エンジニアを目指す私、siが学習のアウトプットをメインにプログラミングについての記事を書いていきます。

【超初心者向け】よく使うLinuxコマンド一覧表〈12種〉オプションも解説します

2021/11/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは!

web系エンジニアとして自社開発企業への転職を目指して、

プログラミング学習中のsiです!

 

今回は、よく使うLinuxコマンドについて解説していきたいと思います。

 

私自身、Linuxコマンドの使い方をど忘れしてしまう時があり、

あれ?これをするための、このコマンドのオプションは…

と言った具合で、グーグルさんによく助けてもらってます笑

 

なので、この記事を見れば基本的なLinuxコマンドの主な使用方法が把握できるよう、

自分の備忘録とした意味も込めて書いていきたいと思います。

 

※この記事で出てくる「%」はプロンプトなので実際に入力する必要はありません

 

マシンスペック

 

参考までに私のマシンスペックをご紹介しておきます。

  • macOS Catalina 10.15.6
  • Macbook Pro(13-inch,2020,Four Thunderbolt 3 ports)
  • intel Core i5
  • メモリ 16GB
  • ストレージ 512GB
  • 使用シェル zsh

 

よく使うLinuxコマンド一覧

 

  • cd:ディレクトリの変更
  • pwd:カレントディレクトリの確認
  • ls:ファイルやディレクトリの確認
  • cp:ファイルやディレクトリのコピー
  • mv:ファイルやディレクトリの移動、名前変更
  • rm:ファイルやディレクトリの削除
  • touch:ファイルの作成、最終更新日時・最終アクセス日時の更新
  • mkdir:ディレクトリの作成
  • cat:ファイルの中身の表示
  • echo:引数に指定した文字列の表示
  • grep:指定した文字列が含まれた行の検索
  • find:完全一致でのファイル・ディレクトリ検索

 

各コマンドについて

 

cd


コマンド名の由来:Change Directoryの略称

主な使い方

・任意のディレクトリに移動したい場合

cd ディレクトリ名


 

・ホームディレクトリに移動したい場合

cd


 

・1つ上の階層へ移動したい場合

cd ..


 

pwd


コマンド名の由来:Print Working Directoryの略称

主な使い方

・カレントディレクトリの表示

pwd


 

ls


コマンド名の由来:Listの略称

主な使い方

・カレントディレクトリ内のファイルやフォルダの表示

ls


 

・任意のディレクトリ内のファイルやフォルダの表示

ls ディレクトリ名


 

主なオプション

・隠しファイルも一緒に表示したい場合

ls -a

 

・ファイルの詳細を表示したい場合

ls -l


 

cp


コマンド名の由来:copyの略称

主な使い方

・ファイルをコピーする(コピー先ファイルがある場合上書きされる)

cp コピー元ファイル コピー先ファイル


 

・別ディレクトリにファイルをコピーしたい場合

cp コピー元ファイル コピー先ディレクトリ


 

主なオプション

・コピー先ファイルが存在する場合、上書きするかどうか確認する

cp -i コピー元ファイル コピー先ファイル


 

・ディレクトリをコピーする。配下サブディレクトリがある場合は一緒にコピーされる。

cp -r コピー元ディレクトリ コピー先ディレクトリ


mv


コマンド名の由来:moveの略称

主な使いかた

・ファイルやディレクトリの移動(移動先ディレクトリが存在しない場合、移動元ディレクトリ名が移動先ディレクトリ名に変更される)

mv 移動元ファイルorディレクトリ 移動先ディレクトリ


 

・複数のファイルの移動

mv 移動元ファイルA 移動元ファイルB 移動先ディレクトリ


 

・ファイル名の変更(変更後ファイル名が存在する場合、上書きされる)

mv 変更前ファイル名 変更後ファイル名

 

主なオプション

・上書きされる場合に確認メッセージを表示させる

mv -i 変更前ファイル名 変更後ファイル名(存在しないファイル)


 

rm


コマンド名の由来:removeの略称

主な使い方

・ファイルの削除

rm ファイル名


 

・カレントディレクトリ内の全てのファイルを削除する

rm *


 

・*(ワイルドカード)を使って、特定のファイルをまとめて削除する

rm test*
# testで始まる名前のファイルが全て削除される

 

主なオプション

・ディレクトリを削除する

rm -r ディレクトリ名


 

・ファイル削除前に警告メッセージを表示させない

rm -f ファイル名

 

・ファイル削除前に確認メッセージを表示させる

rm -i ファイル名


 

touch


コマンド名の由来:不明

主な使い方

・カレントディレクトリ内での新規ファイルの作成(ファイルが存在する場合は最終更新日時・最終アクセス日時の更新を行う)

touch ファイル名


 

・別ディレクトリ内での新規ファイルの作成

⇨カレントディレクトリがアプリのルートディレクトリの場合

# app/views/layoutに_header.html.erbを作成する

% touch app/views/layouts/_header.html.erb

 

 

mkdir


コマンド名の由来:make directoryの略称

主な使い方

・新規ディレクトリの作成

mkdir ディレクトリ名

 

・複数のディレクトリの作成

mkdir ディレクトリ名A ディレクトリ名B


 

cat

コマンド名の由来:concatenate(連結する)の略称

主な使い方

・ファイルの中身を表示する

% cat ファイル名

 

・ファイル内容を他ファイルへ出力する

※ファイルB内容はファイルA内容に上書きされる

% cat ファイルA > ファイルB

 

・ファイル内容を他ファイル末尾へ加える

% cat ファイルA >> ファイルB

 

・複数ファイルを結合して新しいファイルを作成

% cat ファイルA ファイルB > ファイルC

 

主なオプション

・行番号をつけて表示する

% cat -n ファイル名

echo


コマンド名の由来:そのままechoから来ている

主な使い方

・引数に指定した文字列を表示させる

% echo hello
hello

 

・引数に指定した文字列をファイルに記載する

※ファイルが存在しない場合は同時にファイル作成を行い、

ファイルが存在する場合は、内容を上書きする

# test.txtが存在しない状態で以下コマンドを実行

% echo aaa > test.txt
# test.txtを作成すると同時に、aaaを記載

% cat test.txt
aaa
# ファイル内容の確認

% echo bbb > test.txt
# ファイル内容を上書き

% cat test.txt
bbb
# ファイル内容の確認(上書きされている)

 

・引数に指定した文字列をファイルに追記する

※ファイルが存在しない場合は同時にファイル作成を行い、

ファイルが存在する場合は、文字列を末尾に追記する

# test2.txtが存在しない状態で以下コマンドを実行

% echo aaa >> test2.txt
# test2.txtを作成すると同時に、aaaを記載

% cat test2.txt
aaa
# ファイル内容の確認

% echo bbb >> test2.txt
# ファイル末尾にbbbを追記

% cat test2.txt
aaa
bbb
# ファイル内容の確認(追記されている)

 

主なオプション

・改行して表示する

% echo -e 文字列\\n文字列

# 例↓↓
% echo -e aaa\\nbbb\\nccc
aaa
bbb
ccc

 

grep

コマンド名の由来:global regular expression printの略称

主な使い方

・指定した文字列が含まれた行を検索する

% grep 検索パターン ファイル名 

# 例↓↓ 
% cat test3.txt abc def abc 
# ファイル内の確認 

% grep a test3.txt 
abc
abc 
# 「a」が含まれる行を表示する

 

・ディレクトリ内の全てのファイル内から検索する場合

% grep a ディレクトリ名/* 

# 例↓↓ 
% grep a test/*

 

・複数の条件で検索する場合

% grep 検索パターン ファイル名 | grep 検索パターン 

# 例↓↓ 
% cat test3.txt 
abc 
bcd 
cde 

% grep b test3.txt | grep c 
abc 
bcd 
# 「a」なおかつ「b」が含まれる行を表示

 

主なオプション

・大文字と個別を区別せずに検索する

% grep -i 検索パターン ファイル名

 

・検索した結果に行番号を表示する

% grep -n 検索パターン ファイル名

 

・検索結果の表示をファイル名のみにする

% grep -l 検索パターン ファイル名

 

・ディレクトリ内も検索対象にする

% grep -r 検索パターン ファイル名

 

find

コマンド名の由来:そのままfindから来ている

 

主な使い方

・完全一致でファイル、ディレクトリを検索する

% find 検索パス -name "ファイル名orディレクトリ名"

# 例↓↓
# ~/testディレクトリ以下で、
「aaa.txt」という名前のファイルを検索する場合
% find ~/test -name "aaa.txt"

 

・部分一致でファイル、ディレクトリを検索する

※部分一致で検索したい場合はワイルドカード(*)を使う

# ~/testディレクトリ以下で、
  末尾が「test」で終わるファイル、ディレクトリを検索する場合 
% find ~/test -name "*test" 

# ~/testディレクトリ以下で、 
  先頭が「test」で始まるファイル、ディレクトリを検索する場合 
% find ~/test -name "test*"

 

最後に

 

今回は、基本的なコマンドの主な使用方法について解説しました!

 

Linuxコマンドは他にも、

多くのコマンドや使用方法があるので、また解説してみたいと思います^ ^

 

今後も、どんどん記事投稿を行なっていくので、

よければ、応援の方お願い致します(*^ω^*)

 

それでは!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© .i DO WHAT I WANT , 2021 All Rights Reserved.