web系エンジニアを目指す私、siが学習のアウトプットをメインにプログラミングについての記事を書いていきます。

【Rails】HTTPリクエストと7つのアクションの関係性について解説!

2021/12/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは!

web系エンジニアとして自社開発企業への転職を目指して、

プログラミング学習中のsiです!

 

この記事の対象者

  • HTTPリクエストって何?って方
  • Railsの基本的な7つのアクションって何?って方
  • HTTPリクエストとRailsの基本的な7つのアクションの関係性について知りたい方

 

今回の記事では、

HTTPリクエストとRailsの基本的な7つのアクションの関係性について解説します。

 

まず、HTTPリクエストと7つのアクションについて個々に解説した後、

最後に2つの概念の関係性について解説したいと思います!

 

HTTPリクエストとは

 

前提として、HTTPリクエストの「HTTP」とは、

Hyper Text Transfer Protocolの略です。

ちなみに、Protocolとは通信を行う際のルールみたいなもの。

つまり、HTTPとはユーザーとwebサーバー間における通信規約のようなものです^ ^

 

すなわち、HTTPリクエストとは、

ユーザーからwebサーバーへ送るさまざまな要求のこと

 

Railsで使用する主なHTTPリクエストは以下の5つになります

HTTPリクエスト 処理内容
GET データの取得
POST データの新規追加
PATCH 全部データの更新
PUT 一部データの更新
DELETE データの削除

 

この中でもPATCHとPUTの違いが中々ややこしい^^;

2つの違いについてはこちらの記事が参考になりました!

 

Railsの7つのアクションとは

 

Railsでプロジェクトを作成していく中で基本となる7つのアクションのことです。

 

ちなみにアクションとは、コントローラー内で定義するメソッドのことです。

また、メソッドとは複数の処理を1つにまとめたもの(^O^)

 

つまり7つのアクションとは、

コントローラー内で定義される、Rsilsにおける基本的な7つの処理の固まり

 

以下が7つのアクションになります

アクション名 使用方法
index リソースの一覧表示
show リソースの詳細表示
new リソースの新規作成
edit リソースの編集
create リソースを新規作成して保存する
update リソースの更新
destroy リソースの削除

 

HTTPリクエストと7つのアクションの関係性

 

HTTPリクエストと7つのアクションとの関係性を簡単に表すと、

1.HTTPリクエスト(URL)の送信

2.Railsプロジェクト内のconfig/routes.rb確認

3.コントローラー内のアクションを実行

のようになります。

 

つまり、ブラウザから送られたHTTPリクエスト(URL)を元に、

ルーティングを確認して、どのコントローラーを実行するか決定する。

ということです。

 

最後に今回の記事のまとめとして、

HTTPリクエストと7つのアクションの組み合わせについて表にまとめました^_^

※postsという名前のコントローラーの場合

アクション名 使用方法 HTTPリクエスト URL(例)
index リソースの一覧表示 GET /posts
show リソースの詳細表示 GET /posts/1
new リソースの新規作成 GET /posts/new
edit リソースの編集 GET /posts/1/edit
create リソースを新規作成して保存する POST /posts
update リソースの更新 PATCH/PUT /posts/1/update
destroy リソースの削除 DELETE /posts/1/destroy

 

最後に

 

今回はHTTPリクエストと7つのアクションの関係性について、

解説してみました^ ^

 

今後も、どんどん記事投稿を行なっていくので、

よければ、応援の方お願い致します(*^ω^*)

 

それでは!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© .i DO WHAT I WANT , 2021 All Rights Reserved.